[リアニ9出演アーティスト紹介]今春期待の2クールアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』と超クールなMYTH & ROIDのEDテーマ曲はもうチェックしましたか?!

『Re:animation 9 -Rave In 新宿歌舞伎町-』に出演する各アーティストをピックアップして紹介するシリーズ。クラブミュージックの側面から出演者をピックアップした前々回のPioneer DJ Presents YAMATO、そして前回のHIROSHI WATANABE a.k.a KAITOに続く第3回は、打って変わってアニメとのコラボレーション、『リゼロ×リアニ』feat.MYTH & ROIDを取り上げます。

re0_002_151130_finish_R__R

『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、『リゼロ』)は今年4月からテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-Xで放送中の、長月達平さんによる大人気WEB小説(文庫版がMF文庫Jより発売中)を原作としたテレビアニメです。何を隠そう、リアニメーションのオーガナイザーである私、ちへは根っからのラノベ大好きマン!『スレイヤーズ』や『フォーチュンクエスト』、或いは「TRPGリプレイ」と呼ばれたテーブルトークRPGの戯曲文庫の時代から、最新作まで追いかけている筋金入りです。そんな私の今期再注目ラノベ原作アニメであり、放送開始からその期待にバッチリ応えてくれているのが『リゼロ』です。

コンビニからの帰り道、気が付くと異世界へとやってきてしまった普通の高校生、菜月昴。右も左も分からない異世界に放り出され、途方に暮れていたスバルに手を差し伸べたのは美しい銀髪の少女だった。絶望から救ってくれた少女に何かお返しがしたいスバルは、少女の探しものを一緒に探すことになるのだが……。

Re- zero#01_000062

突然異世界に転生して、RPGで起こる”死に戻り”と呼ばれる力を手に入れた主人公ナツキ・スバルと異世界で出会う様々な人々が絡み合って巻き起こす物語…

アニメは既に4話分が放送され、毎回リアタイ試聴しております!感想がほぼ全てネタバレに直結する巧みなストーリーと、しかしながら難解な訳でもないどこか爽やかで笑える展開がめちゃくちゃ引き込まれます。この後、まだ新キャラクターも登場する予定。そして、何より2クールという期間を使って原作の緻密な物語がアニメでどう展開されていくのか、本当に楽しみです。

『リアニ9』会場では“『リゼロ』既放送分ネタバレOK”で行きたいと思いますので、お越しの際にはぜひ直前までの回を試聴してからお越し下さい!

そんな『リゼロ』は音楽面でも非常に力が入っており、OP主題歌はアニソンDJシーンでもとても人気の高い鈴木このみさんが担当。そして、ED主題歌の「STYX HELIX」を歌うのが、『リアニ9』に出演するMYTH & ROID(ミスアンドロイド)です。

MaR

ボーカリストのMayuさんとプロデューサーのTom-H@ckを中心としたコンテンポラリー・クリエイティブ・ユニット。昨年7月に放送されたTVアニメ「オーバーロード」ED曲の『L.L.L』でデビューして、いきなりiTunesジャンル別ランキングでは同時リリースのOP楽曲(こちらも『リアニ9』出演が決まっているOxTの「Clattanoia」)と合わせ1位、2位を独占、総合ランキングでも最高3位を記録して、注目を集めました。

Tom-H@ckさんはリアニのファンには最早説明不要ですが、ここ数年アニメ関連でも数々の楽曲を制作して活躍中です。TVアニメ「けいおん!」の一連のプロデュースワークはあまりにも有名ですね。

ボーカリストのMayuさんは、日本人離れした歌声が印象的ですが、小さい頃からBritney SpearsやBeyonce、P!nk、Avril Lavigneなどの影響を受けて、歌唱だけでなく、みずから作曲や英語での作詞もこなす才能の持ち主。なるほど、圧倒的な存在感にも納得です。

実は、リアニのレジデントDJであるspacetimeがデビュー時からMYTH & ROIDを激推ししていて、今回の出演を一番喜んでいたりします。かなりテクニカルな楽曲が、野外フェスという現場で同再構成されるのか、非常に楽しみです。

また、文中でも紹介したように『リアニ9』にはOxTの出演が決定しており、こちらはオーイシマサヨシさんとTom-H@ckさんのユニット。…あれ?Tom-H@ckさんが2人いる?!(笑)

とにかく引き出しが多くて、楽曲やユニットによって様々な音楽性を見せてくれる彼の、テイストの異なる生演奏を1日で体験できる珍しい機会でもあります。こちらもぜひお楽しみ下さい!

「Re:animation 9-Rave In 新宿歌舞伎町」は開催に向けたクラウドファンディングを実施中です!

Ⓒ長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会