奇祭!大サイレントDJ祭がやってくるぞ!!@東京芸術大学音楽学部(7月2日~3日)

daisilentdjsai

『大サイレントDJ祭』がやってきた!ヤーヤーヤー!

梅雨に入り、ムシムシした日々が続きますね。気がつけば『Re:animation 9 – Rave In 新宿歌舞伎町-』の開催まで残すところ2週間ちょっと。開催日である7月10日まで待てないそんなあなたに朗報です。なんと、その前の週にあたる7月2日と3日に『大サイレントDJ祭』を開催します!

『大サイレントDJ祭』は、『Re:animation 9 – Rave In 新宿歌舞伎町-』のサイレントDJフロアでも用いる、サイレントPAシステムを使ったDJイベント(サイレントディスコ)です。

サイレントPAシステムは、音楽をトランスミッターから発信し、来場者はレシーバーとなる小型のバッヂにイヤホン/ヘッドホンを接続することで音楽を聴くことができる仕組みです。そのため、従来のWi-FiやBluetooth方式のサイレントディスコと違って、各々が持参したヘッドホンやイヤホンをそのまま使用することができます。

messageImage_1465899529792

様々な立場の人々がフラットな関係で発表や対話や表現活動を行う『Culturak Typhoon』

さて、そんなサイレントPAシステムを使う当イベントですが、同日同会場で開催される『Cultural Typhoon 2016』のプロジェクト・ワークス(公募企画)の一つとして行われます。『Cultural Typhoon 2016』は、文化研究を行う学生や研究者たちの大会で、研究発表やシンポジウムと平行して当イベントのような音楽イベントやパーティをはじめとした、さまざまなパフォーマンスなどが行われます。ちなみに今回の『Cultural Typhoon 2016』のテーマは「Can You Feel It ?」ということで、古典的なハウス・ミュージックの代表曲からとられています。

NYで始まったらしい「サイレントディスコ」って何だ?!

『Cultural Typhoon 2016』の公募企画に応募した理由はさまざまありますが、その一つは、サイレントディスコという”スタイル”です。本日2016年6月23日は改正風営法が施行され、一定の条件でクラブのオールナイト営業が認められるようになりました。これまでにクラブの深夜営業の摘発は何度も行われその度にさまざまな議論が沸き起こってきました。その中でもクラブの騒音問題やどのような形で街と共存するか、ということはしばしば議論の的になっています。

サイレントディスコは、そうした騒音問題を解決する一つの手段として提案されたスタイルです。例えば、騒音問題が深刻なニューヨークでは、『Quiet Clubing』というイベントが人気を博しています。騒音問題をクリアしながらも一体感を損なうこと無く楽しめるサイレントディスコは、街と音楽の関係性を考える上で一つのヒントとなるでしょう。

『リアニメーション9』でも採用するラジオ式サイレントPAシステム

当イベントは従来からあるサイレントディスコとは一線を画します。それには音楽の送信にFM電波を使用することがポイントです。これは単純に持参したイヤホン/ヘッドホンを使えるという利点があるというだけではなく、ラジオの仕組みを流用した当システムはいくつかの文化的な文脈をその背後に持ちます。

ラジオはかねてよりメディア研究の主な研究対象の一つであり、かつて、海賊ラジオはイギリスの音楽文化に多大な影響を及ぼしました。日本でも、先鋭的な音楽はラジオからブレイクするといった時期が長くありました。今回のシステムはそんなラジオの仕組みを思いもよらなかった方法で流用しています。

技術的な温故知新だけではなく、街と音楽、人、そしてテクノロジーとの関係性やさまざまな可能性をラジオを用いたサイレントディスコを通じて探っていく。そうした機会になればいいなと、わたくしasanoappyは考えております。

ヤバ文明の奇祭!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

yamanishi_022047-20151101124305

さて、太古よりヤバ文明の奇祭として知られている(?)、大サイレントDJ祭。(ちなみにメディア理論で知られるマーシャル・マクルーハンの『メディア論』には「ラジオ 部族の太鼓」という章があります。ピッタリですね!?)

今回は、Re:animationからREV-TUNE、銀星、megsis、asanoappyの4人に、『リアニメーション9』をボランティアスタッフとして手伝ってくれるKeiya、ぶーちゃん、ふくゐちゃん、7月6日にユニバーサルミュージックから発売される公式アニソンRemixアルバム「Re:animation Presents Re:Boots-Legendary Animesong Remixes-」にリミックスを提供していただいたmiyaaahh、さらに中野のアニソン過多オールジャンル大戦争パーティ『Focus On!』からneru_kunとニコルという布陣でワイワイやります。

ぜひ、お気に入りのイヤホン/ヘッドホンをお持ちの上、お越しください!

ハッシュタグは #大サイレントDJ祭 です!!

daisilentdjsaidj
◆大サイレントDJ祭
Cultural Typhoon 2016 プロジェクト・ワークス(公募企画)
2016年7月2日・3日 11:30~16:30(2日間開催)
会場:東京芸術大学音楽学部5号館ロビー(東京都台東区上野公園12-8)
参加費:¥1500
・参加時にFM受信機となるバッチをお渡しします。ご自身のイヤホンやヘッドホンを接続してお楽しみください。
・お帰りの際にFMバッチをご返却いただきますと、デポジット¥500を返金いたします。
・学会に参加されない方でもお楽しみいただけます。お気軽にご来場ください。

【出演者】
< DAY 1 >
・REV-TUNE
・銀星
・ぶーちゃん
・ふくゐちゃん
・Keiya

< DAY 2 >
・megsis
・miyaaahh
・ニコル
・neru_kun
・asanoappy

※普段お使いの、もしくはお気に入りのイヤフォンやヘッドフォンをお持ちの上お越しください。また、ヘッドフォン向けのポータブルアンプをお持ちいただくと、よりパワフルなサウンドでお楽しみいただけます。