8.6 スーパーGT第5戦予選日は富士スピードウェイP5駐車場が熱い! #痛車 展示& #パーキングディスコ 決定!更にサンセットステージも! #sgt #supergt

ParkingDisco_sample - コピー

国内最高峰のGTレース会場に痛車が展示可能?!

来る8月6日~7日、富士スピードウェイでは国内で最も人気のあるカーレス「スーパーGT」の第5戦が行われます。その予選日である8月6日、富士スピードウェイの入場ゲートに最も近いP5駐車場にはイベントスペースが出現!その1コーナーとして痛車展示スペースが設けられます。こちらはユーザー参加型コーナーで申し込みすれば誰でも手塩にかけた痛車を展示することができます。白熱の予選真っ只中、本物のGTカーの爆音がとどろく中に自分の車を展示してみませんか!?

また、痛車だけでなく、カーオーディオでDJプレイを受信して楽しむ「PARKING DISCO」参加車輌も同時に受け付けます。ぜひ自慢のオーディオチューンカーでP5駐車場に乗り込もう!!

8_6_image

P5駐車場では音響カスタマイズされた車をスピーカーにした「PARKING DISCO」やケータリングカーでの食べ物販売もお楽しいただける予定です。P5駐車場のイベント開始時間は午前11時からとなります。

四輪・二輪痛車展示チケット 3000円(別途SUPER GT観戦チケットが必要となります。)
チケットは富士スピードウェーサイトにて販売中!
[車両搬入時間 8月6日 9時〜10時45分]
※時間外の搬入は対応しかねます。
※P5駐車場へ時間内にお集まりください。P5駐車場の前での待機列形成は禁止です。

スーパーGT第5戦 富士スピードウェイの詳細はこちらをご覧ください。

WHAT’S PARKING DISCO!?

136-_60R7316

新宿歌舞伎町に3000人以上が集まったアニソン&ダンスミュージックDJフェスティバル「Re:animation 9-Rave In 新宿歌舞伎町-」!その中でひときわ異彩を放っていたのが、FM電波を使った”サイレントDJ”でした。通常はスピーカーに送るはずの音声信号をFMトランスミッターから発信、参加者に配ったレシーバーで受信して愛用のイヤホン/ヘッドホンで楽しむ(外から見ている人には無音の中でなぜか大盛り上がり!)スタイルは謎の一体感を生み出しました。

この仕組みを応用して、FM電波をレシーバーではなくカーステレオで受信してしまおう!という試みが「PARKING DISCO」です。車のステレオは元々家庭用よりも高出力なものが多く、更にサウンドチューンされた車は下手なクラブハウスよりも高音質の爆音を轟かせます。でも、流石に都市部じゃ本気を出せない!!

そんな車に広大な富士スピードウェイのP5駐車場内で特定周波数でDJプレイを送信。カーステレオで受信すれば、なんとマイカーが良質なサウンドシステムに早変わり!!みんなで自慢の車を囲んで、アニソントークやカーレーストークに花を咲かせるもよし、究極の外向きスピーカーで踊り倒すも良し!!この場ならではの特別な音楽イベントをお楽しみください。

富士スピードウェイオンラインチケット|S-GT第5戦 P5駐車場に「痛車」を展示しよう

043-_60R6326

同日・同会場で17時から開催するSUNSET STAGEにもリアニDJ陣が出演!!

痛車展示&PARKING DISCOを実施するP5駐車場では予選終了後の17:00~22:00まで、特設ステージでドライバーズトークショーやゲーム大会を行う「SUNSET STAGE」が催されます。

こちらにもRe:animationのレジデントDJからStrada、kaxtupe、そして後藤王様の3名が出演!ダンスミュージックにJ-POP、そしてもちろんアニソンで会場を盛り上げます!

予選の余韻に浸りながら、決勝レースが待ちきれない夏の夜は、P5駐車場で遊び倒そう!

1

※SUNSET STAGEの詳細は富士スピードウェイ公式サイトに出情報をご確認ください。