【ご挨拶】リアニメーション2016→2017 僕らは誰かの好きを否定しない、させない。

2016-07-10_horip-6570_r

リアニメーション初のDJ公募コンテスト 一般投票開催中!
[Re:animation Ex-tream特別企画『出れんのか?!リアニ!!』]WEB人気投票フォーム
1/22(日) 2017年リアニ第一弾!クラブスタイルでアニソンの楽しみ方を再発見するDJイベント
Re:animation Ex-tream @代官山Space Odd

チャレンジを続けたリアニメーションの5周年イヤー

2010年12月23日に歌舞伎町で始まったアニメ×ダンスミュージックの超都市型野外DJフェス『Re:animation』は昨年12月に5周年を迎えました。そんな5周年イヤーに掲げた目標は2つ。1つは昨年の総括をしたエントリーでも掲げた新宿歌舞伎町への帰還。そして、もう1つの裏目標は「外部からの出演・タイアップのオファーを可能な限り受けて経験を積む!」でした。

1つ目の目標は、皆様の多大なるご支援をいただき7月10日に最高の形で実現することができました。クラウドファンディングを通じて、ボランティアを通じて、出演・協力・協賛・後援を通じて、様々な形でこのプロジェクトに関わって下さった皆様に、改めて厚く御礼申し上げます。コマ劇場の閉館から、解体、新東宝ビルの建設と変わりゆく街並みを眺め続けてきたリアニメーションが、完成した新たなビルの前で1つのゴールに到達できたと感じています。ありがとうございました。

そして、もう1つの目標。ずっと応援していただいている方は「なんか最近毎月リアニメーションやってるなあ…」とお感じになっていたのではないかと思います。昨年、羽田空港での『Re:animation Special in HAF』、インドネシアに遠征した『COUNTDOWN ASIA in Jakarta』、そしてGRANRODEOの公式Remixアルバム第一弾「Re:Rodeo」を通じて、アニソン系DJシーンが培ってきたクリエイティヴのレベルは”ちゃんとすごい”と確信した私たちは、その強度を確かめ、更に磨くために、あらゆる場所に出かけてはDJしてきました。

2月20日 アキバ大好き!祭り2016冬@ベルサール秋葉原
3月12日 SUPER BREAK 3 feat.リアニメーション,アニソンディスコ@川崎クラブチッタ
3月26日 AJ NIGHT 2016@ディファ有明(後藤王様 “ありがとう!ラブライブ!μ’s MIX by Re:animation”)
4月2日  中野サイレントDJパーク@中野セントラルパーク パークアベニュー
4月3日  ねりま光が丘POPカルチャーフェスタ2016@光が丘公園
4月25日 2016いなぎ みんなの遊び場@JR稲城長沼駅(後藤王様 大河原邦男メカデザインアニメDJセット)
5月14日 第4回GSRサイクルレース@袖ケ浦フォレストレースウェイ
5月15日 世界トライアスロンシリーズ横浜トライアスロン@横浜山下公園Pioneer DJブース
6月5日  06S@渋谷WOMB(4F VIPラウンジ)
6月19日 SUPER BREAK Presents さーくるふぁいやー!!@川崎クラブチッタ(VJプロデュース)
7月2日  カルチュラル・タイフーン2016@東京藝術大学(サイレントDJシステム出展)
7月6日 「Re:Boots-Legendary Anime Song Remixes-」リリース(ユニバーサルミュージック)
7月10日 Re:animation 9-Rave In 新宿歌舞伎町-@歌舞伎町シネシティ広場/新宿BLAZE
8月6日  SUPER GT 2016第5戦 PARKING DISCO & SUNSET STAGE@富士スピードウェイ
8月20日 REANIxSENDAI 2016@仙台本鍛冶町公園
9月3日  第5回GSRサイクルレース@袖ケ浦フォレストレースウェイ
9月19日 花澤香菜 KANAight2-Powerd by Re:animation-@代官山SpaceOdd
9月19日 GRANRODEO G11 DJ★SHOW@代々木第一体育館 物販会場特設ブース
9月19日 「GRANRODEO DJ SHOW Re:Rodeo mixed by Re:animation Vol.2」リリース(ランティス)
9月21日 anahera/GEKKO NIGHT Bonus Track-The Ageha Plan-@新木場ageHa BOX
10月25日 戦国乙女 ファン大感謝祭@ベルサール秋葉原(後藤王様 戦国乙女スペシャルDJセット)
10月30日 2016ハロウィンDOGENZAKA超爆音アニソン祭り!! Powered by Re:animation@渋谷contact

「そりゃ、毎月名前聞くわな…」感が漂いますが、たくさんの現場を踏むことができ、1つの確信を得ることができました。

つまり、”アニソンDJはちゃんとエンターテイメントだ”ということです。

もちろん、イベントによって現場の条件は様々で、精神的に辛い現場も、反省が残る現場もありました。ただ、DJとしてやりきれば、必ず会場にいるお客さんは喜んでくれました。全てのイベントを通じてその確信と自信が深まりました。これは私たちだけではなく、アニソンDJ全員が自信をもって良いことだと思います。なぜなら、これは私たちがすごいのではなくて、”アニソンDJというアニソン楽しみ方が非常によくできている”からです。

さて一方で、「オファーは全て受ける!」と腹を括ったとはいえ、よくもこれほどたくさんのオファーをいただけたなと驚いております。ほとんど”新たに”お話をいただいたものだからなおさらです。期待感だけではできないことも多い中で、企画実現に尽力していただく熱い人たちとたくさん会えたのは、幸運でした。が、それ以上に「求められている」ことも感じました。

それを光栄に感じると同時に「やばい。DJ足りない…」という危機感も常に感じた1年でした。ただ界隈にDJがたくさん居るだけではいけないのだということに気づかされました。GRANRODEOのRemixアルバム&DJイベントでSAAYAくんのリベンジを果たし、花澤香菜さんのアルバムリリースイベントに909stateさんに関わって貰えたこと、アルバム「Re:Boots」で自発的な創作物の価値にお墨付きを出せたことなど、企画単位では「やったぜ!」という瞬間はたくさんありました。でも、「もっとできたはずだ」と。

大舞台が全てではないですが、やっぱり、あるチャンスはたくさん掴んでモノにして行こう!っていう夢はあって良いと思うのですね。手を伸ばすか、手を伸ばさないかは、選ぶ人が決めれば良いのだから。そういう夢がアニソン系のDJシーンにもあって良いんじゃないかと。

みんながやりたいことをやれる場を作ろう

思えば、リアニメーションの歴史は「あそこでやりたい」「またやりたい」「ずっと続けたい」或いは、「あの人を呼びたい」「あの人と共演したい」「この場所であの人の音を鳴らせたい」という夢を追い続けた歴史でもあります。まだ道半ばな訳ですが、目標になる何か、夢である何かが叶うチャンスがあるなら、もっと積極的に手を伸ばして、それを欲しているプレイヤーと分かち合いたいし、そういうリアニメーションだから応援するという方が増えていけば、そんな嬉しいことはありません。

私たちはアニメオタクで、音楽好きで、DJだったり、VJだったり、オーガナイザーだったり、または彼らを応援する誰かだったりしますから、夢は必然そういったものの延長にあることが多いと思います。

例えば「東京都庁前でアニソンの野外レイヴをやって、都庁のあのビルにプロジェクションマッピングで宇宙から落ちてきた船を映してニヤニヤしたい」とかね。

その為には、私たちはまだ全然、私たちを応援してくれている人たちの夢を知らないなと思ったのです。こういうのは、大きな主語で大上段から投げつけるものではないですから、誰が何をしたいか知っていたら、もっと何かできるかもしれないと思ったのでした。イベントを始めた最初の頃に「何ができるか分からないけど、手伝いたい!」と言ってくださる方の役割を作るのもそうでした。今でもまだそれはありますし、「GRANRODEOのRemixが書きたい」ということも叶えられたリもしました。夢はなんでもよくて、「アニソンDJやってみたい」でも、「もうちょっと大きな舞台に立ちたい」でも、「誰それと共演したい」でも、「モテたい」でも。成功した自分を思い描くとニヤニヤしてしまうようなことを、形にできる場を作りたい。

どんな夢も誰かに何か言われる筋合いはないのですから、なるべくならポジティブに、まずは一緒にやりたいと挙手してくれている人たちと、先々はもっと色んな人も巻き込んで、2016年まで「僕らの」やりたいと叶えるイベントだったリアニメーションは、2017年からは「誰かの」「みんなの」やりたいを叶えるイベントになっていきたいと思います。

面白くない世の中、面白くすればいいのさ

そんな思いが、長らく躊躇していたDJ公募に踏み切る契機となりました。

今回のDJ公募は25歳以下限定となっていますが、実のところ、後進を育成したいとか、新たな才能を発掘したいとか、そういった思いは全くありません。

ただ、参加者の(クラウドファンディングの支援者でもありますが)年齢のボリュームゾーンが30代になってきた私たちが、きっと知らない世界や才能が既にもうそこにあって、きっとその中にも(私たちが知らないだけで)私たちのことを面白いと思ってくれている人がいるはずで、そんな人たちの中から一緒にやってもいいよ!と言ってくれる人を見つけて、よしんば、その人たちと一緒にニヤニヤできる楽しいことを仕掛けたい!というだけの理由です。

単に上位者を採用してDJブッキングの枠を埋めるのではなくて、私たちがやっていることにチャンスや夢を感じて、長く一緒に遊んでくれる人に会いたいということです。同世代以上を軽く見るつもりは毛頭ないのですが、共通点が少ない方が面白いことが起きそう!(僕らにはアニメと音楽が好きという共通点があるのだからそれで十分!)…ただそれだけです。

人と人は一期一会ですからどうなるか分かりませんし、上位賞も無いより取れた方が良いに決まっていますが、実はそれが全てではなくて、まずは1月22日に今回こうやって挙手してくれたDJさんや彼ら彼女らを応援するクルーにもできるだけたくさんイベントに遊びに来てもらって、1人でも多くの人と乾杯したり話をしたりして、新しい、面白い人たちと仲良くなりたいなと思っています。

そうした中で、たまたま私たちのところにやってきたチャンスに夢を感じてくれるDJがいたら、偶然にも「やりたい」が適うかもしれません。

ただ、そこに居るだけの人には、何か感じるものがあってもなかなか突然には声をかけにくいもので、アンテナに引っかかったものがそこに留まっている時間は意外と短いです。ただ、今はSNSやBlogやsoundcloudやyoutubeがあって、誰でも超簡単に発信することができて(DJができない人でも誰それを応援している!という発信ができます)、ちょっとしたツイートでもたくさんRTされたりfavが付くと嬉しいことを知っている人たちばかりです。ということは、誰もが手を上げて、自分の作品や意思を表明することができるのだから、そういうことを起こして「好き」を、「やりたい」を持ち寄ってもらって、みんなで面白いことをやりたい!と思っています。

これは2017年の大テーマです。

面白いことをしよう!

次はもっと面白いことをしよう!

もっともっと面白いことをしよう!

最後には、僕たちが世界で一番面白いことをしよう!

そんな感じで、2017年は1月から新しいリアニメーションに向けて第一歩を踏み出します。DJ公募に限らずいろいろやっていきます。まだまだ、ネタを仕込んでおりますので、足を運んでいただければ嬉しく思います。来年はアニクラシーンはきっと激動の1年になります。リアニメーションも大きく変化します。変化をチャンスだと思う方、一緒に”悪だくみ”しましょう!

長くなりましたが、2016年は本当にお世話になりました。ご支援、ご協力、改めてありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

リアニメーション初のDJ公募コンテスト 一般投票開催中!
[Re:animation Ex-tream特別企画『出れんのか?!リアニ!!』]WEB人気投票フォーム
1/22(日) 2017年リアニ第一弾!クラブスタイルでアニソンの楽しみ方を再発見するDJイベント
Re:animation Ex-tream @代官山Space Odd