ラインナップ



DJ

snzk00A1(園崎未恵)

“課外活動”と称して本職の傍ら2007年DJデビュー。

エレクトロハウスやテクノを中心に、ボサノバ、ポップス、アニソンと、好きと思った曲は何でもかけるジャンルレスな選曲で、いつまでたってもCD-Jが2台だけというオーソドックスなDJスタイル。

本職は声優、ナレーター、歌い手。代表作に、ぷよぷよ(アルル/クルーク)、ストライクウィッチーズ(バルクホルン)、ダークナイトライジング(キャットウ-マン)、クリミナルマインド(JJ)、CSI:NY(リンジー)、ニキータ(ニキータ)、ベヨネッタ(ジャンヌ)、松屋店内放送など。

DJ Shimamura

日本を代表するHARDCORE RAVE MUSICアーティスト/DJ。
国内HARDCOREシーン初期よりレーベル【DYNASTY RECORDS】を立ち上げ常にシーンの牽引役を果たしているFrontia spirit(開拓者精神)の持ち主。

作曲・編曲家として、マルチアーティスト榊原ゆいに提供した「Eternal Destiny」、「Ready Go!」が記録的なセールスをはたす。
またリミキサーとしては、London Elektricity「ロンドンは夜8時 feat. AMWE」、Deco*27「相愛性理論」などのREMIXで国内外より大きな評価を得る。

ゲームへの楽曲提供、REMIXなども行う傍ら、自身のレーベルからのリリースや国内外のダンスコンピレーションへの参加やDJ、デザイン等でも独自の世界を展開する。

UKの大手ダンスミュージックコンピレーション『Hardcore Adrenaline 3 ('07)』『Hardcore Nation 2009 ('08)』『Hardcore Underground 4 / 5 ('09 / '11)』『Die Another Day ('11)』にそれぞれトラック、REMIXが収録され、メジャー音楽誌『M8』にてKutski (BBC Radio 1)がベスト5に選んだり、1st.アルバム『SX』のリリース時にはイギリス国営放送BBC Radio 1の中で特集が組まれ、3週連続ヘビープレイを行われるなど多くの支持を集めている。

DJでは《HARDCORE UNDERGROUND (ロンドン)》《Hardcore Synergy (シカゴ)》《Hardcore Havok (ハワイ)》《Nocturnal Commissions (トロント)》などに出演。
国内ではHARDCOREの祭典《The Day Of Hardcore》に毎年ヘッドライナーとして出演、また'11年には《No Pan Night @ 新木場STUDIO COAST》12年には《Re:animation 4 @ 新宿歌舞伎町》にも出演している。

Norihito Ogawa & JACKKN

東京を拠点に活動するDJ, Producer。
2009年よりDJ活動を開始。活動1年で代官山AIRで開催される☆Taku Takahashi(m-flo)主催”Tachytelic”にレギュラー出演。同年、7月よりKanomata Keisuke主宰レーベルvariumにてEP、RemixをBeatport,Wasabeat等で定期的にリリースし、2012年1月にvariumを脱退。

Electro,Techno,House,Disco,Drum'n'Bass,Dubstep等ジャンルの幅に捕われない楽曲制作を認められ、2011年4月☆Taku Takahashi(m-flo)主宰レーベルTCY Recordingsより"Refuse EP"をBeatport,Wasabeat,Juno Download等でリリース。ブートレッグで作成した"Katy Perry - Firework (Norihito Ogawa Remix)"がDiplo主宰Mad Decentのブログに掲載され、Luvstep Mini Mixに収録される。

Southern FriedからリリースするアーティストLazy Antsと深い交流を持ち共同制作のリミックスを行うなど外レーベルからもリリースし、2012年3月、自主レーベルTacktstockを立ち上げ、自身初となる1st Album "Mad Tea Party”を全国各CD販売店でリリース。その他に2012年10月に田中知之(Fantastic Plastic Machine)氏監修、小泉今日子 Kyon 30 Mixに”なんてったってアイドル (Norihito Ogawa Remix)”としての参加や、2013年3月、m-flo "Inside Works Best V”に”So Mama I'd Love To Catch Up, OK? (Norihito Ogawa Remix)"が収録される。

BUBBLE-B feat. Enjo-G

トラックメイカーのBUBBLE-Bと、MCのEnjo-Gによるユニット。

ファンクネスとアナーキズムが同居したようなBUBBLE-Bのトラックに、グルメやレジャーを題材にしたリリックを無感情かつ汚い声でしつこくシャウトしつつ印象的なムーブをするEnjo-GのMC、そして映像との組み合わせは、国道1号線などの幹線道路沿いのグルーヴを、鮮烈なインパクトと共にフロアに残していく。

「走りのセダン」「Enjo-Gのシャッシャッシャッ」「Yo! Sexy Girl」など数々の映像作品をドロップ。2012年には1stアルバム「レジャーやくざは君に語りかける」をリリースする。

O-ant

100%邦MUSIC DJ&LIVE party『TOKYO BOOTLEG』ORGANIZER。
Japanese Rockを中心にアニメソング、アイドルポップス、Visual Rock、ボーカロイド等レンジの広い選曲に定評がある主宰にして特攻隊長的な役割も果たすOPEN FORMAT DJ、UNISON SQUARE GARDEN、BiS、KEYTALK、GOING UNDER GROUND等のバンドと共に日本全国にてイベントを開催中。

キャッチコピーは『自分が大好き!女が大好き!雰囲気イケメンDJあーりーしゃん!』、
人懐っこい関西弁MCとあらゆる邦楽(原曲重視)ワンコーラスで矢継ぎ早に繋ぐショートミックスを得意とし2013年からはジャパニーズミュージックをより海外へ発信する橋頭堡となるべく香港『COMIC WORLD』、フランス『JAPAN EXPO SUD』等への出演も展開している。

PCF (けいたん/暴徒/ただのん/TAKUMA)

けいたん、暴徒、ただのん、TAKUMAの4人からなるネット界発信からリアルへと伝えるパーティーロックパフォーマンスユニット「PCF」。

ニコニコ動画、You Tubeを中心に活動し、高い実力・人気を誇り、チーム全体でのツイッターでのフォロワー総数は、15万人、ネットでの動画総再生数は2500万再生を誇る。

「ニコニコ超会議・ニコニコ超パーティー」「ニコニコダンスマスター」などをはじめとする数多くのニコニコ動画公式イベントはもちろん、初音ミクカフェイベント「MESSAGE FROM SKY」、東京FM360、秋葉工房ふぇすた全国ツアー、痛Gふぇすた、京都国際マンガ・アニメフェア2012、Cure Cospray Collectionなどの大規模イベントでのライブ活動も多い。

メンバーの中には、ライブでの活動と並んで、アニメ「銀魂」、アニメ「戦国 BASARA」、SEGA音楽体感ゲーム「maimai」、アニメイト企画の特典DVD、元SDN48の双子アイドルユニット「ナツアキ」、Facebook上に180万イイネ!を獲得しているコスプレイヤー「Alodia」などへのコレオグラフ提供や、ライブアクティング指導、コラボレーションでのライブ出演、ステージ演出など活動の幅は、裏方まで多岐に渡る。

2013年においては、ニコニコ動画2013動画アワードを受賞、ニコニコ超会議 2 の振付選手権優勝など、ネット・リアルを平行するコンテストにおける受賞も多く果たし、クリエイターとしての活動も評価されている。

他にも秋葉工房より「IBK」をリリース、「福原香織と RAB(リアルアキバボーイズ)」として、avex tracksよりメジャーデビューを果たしたりなど、「踊り」だけでなく「歌」、「DJ」、「トーク」などの活動もこなすマルチなユニットとして全国各地のイベントをゲスト招聘されているネットとライブを行き来する唯一無二ともいえるパフォーマンスユニットである。

後藤王様

新宿名物アラフォーヲタクおぢさん、ちなみに幸は薄い。

乙女は常に可愛くあれを信条に、見た目は中年、背丈は子供、踊る姿は1.5m級小人。
年甲斐無く暴れます、餌は与えないでください、麦酒は下さい。

spacetime

千葉県出身。
オタクに優しい街、津田沼を拠点としてアニメショップ/ゲーセン/声優イベント/晴海~有明/秋葉原のパーツ屋あたりを無節操に駆け巡りながら世間と隔絶された青春時代を過ごす。
90年代終盤にふと始めた音ゲーをきっかけとして、2006年よりアニソンを中心としたDJを開始。
以降、「キミの本能(オタク)を呼び覚ます!」を信条に人生かけて積み上げた消費の記憶を発散中。

さあ、アニメの話をしませんか。

saqwz

平成3年生まれ、青森県出身

主に\ッGO!/なアニソンリミックスを量産する社畜ぅず。
2013年2月よりDJ活動を始め、1年目から日本各地のイベントへ\ッGO!/している。
50曲以上の楽曲をsoundcloudで公開しており、中にはチャートにランクインした楽曲も。
ゲーム主題歌の公式リミックスや、地下アイドルの楽曲制作もしている。
ラブライブのソシャゲーで有り金全部溶かして、電気止められる程度のラブライバー。

店主

薬酒Barの長。SEGAが大好き。CHAGE & ASKAも好き。

VJ

Spike-Bloom

Spike(神経発火)がBloom(咲く)という意味のVJ名。
Industrial RockのVJとしてhide museumなどのイベントでVJキャリアをスタートし、オリジナル作品となるVJ用映像素材"Rainbow Candy"を発表後、数多くのレイヴに出演。M.M.Delight森田勝、宇川直宏に師事、Psychedelic TranceシーンのVJとしてキャリアを積む。

海外アーティストの日本公演、ageHa企画でのVJなどを手がけ、その映像素材を使用したYoutubeでの関連動画は、合計800万回再生を超える。
(株)GAINAXのとの共同企画としてPanty and Stockeing with Garterbeltオフィシャルクラブイベント"No Pan Night 1st&2nd"を企画。

この度満を持してRe:animationに出演。

marea

No Electric No Life
電気がないと身動き取れない、風来坊VJ。
電子音LOVE、極彩色の映像を操るアキバ系女子。

ぽつねん

高校、大学と細々ながらバンド活動に勤しみ、社会人になってからは「友達が欲しい」という想いからクラブイベントを主催。
自身のイベントにてなかなかVJが見当たらず、自ら担当する形で活動をスタートさせる。「お客様に楽しんでほしいなら先ずは自分から」をモットーに、VJ中でもたびたび跳ね回っているが、虚弱体質故、翌日は必ず体調を崩している。

VJ

TokyoAnimeDanceGirls

TokyoAnimeDanceGirlsは総勢6人の個性豊かなコスプレGOGOダンサーのチームです。都内メインに活躍中!踊れるパティシエからポールダンサー、ポイパフォマー、DJと多彩で個性的なメンバー!オファーお待ちしております!
●イチカワミズホ: 本業パティシエ。お菓子でアート作品を作るアーティストであり、踊りながらケーキを作る魔法使いのようなキラキラスイーツパフォーマー。その傍らGOGOやポールダンスも行う。
●RINKO: 20歳の時たまたま遊びに行ったイベントでドラァグクィーンにナンパされ当日出演した事がきっかけでステージダンサーを始める。新宿二丁目界隈ではMARVELOUS のポールを使った散らかりガール。
●aSaKo: パーティで知らない人は居ない踊るDJ&踊るパーティカメラマン!レイブダンサーチームxHC08xのメンバー、B2BDJユニットハードコアパンチドランカーズとしても活躍。超高校級の酔い手!イベント中にストロボを壊した数は3つ!w
●電撃姫: Happy! Donky! Funky! Lovely!を信条にフロアにスマイルパンデミックをめざすコスプレDJ!HardcoreParty「X-TREME HARD」にレギュラー出演
●Sakiton: DJ、コスプレGOGOダンサー、ポールダンサー、イベントオーガナイズ経験もあるアクティブ派の元気ガール!呼び捨てにされないと嫌らしい(笑)ので呼び捨てしてください 笑