【DJ公募コンテスト『出れんのか?!リアニ!!』結果発表】 最優秀賞1名・優秀賞2名・審査員特別賞2名が決定!

2016年12月7日~18日までエントリーを募集し、同12月20日~2017年1月8日までWEB人気投票と審査員審査を行ったRe:animationで初めてのDJ公募コンテスト『出れんのか?!リアニ!!』の集計が完了しましたので、ここに結果を発表します。

DJ公募コンテスト『出れんのか?!リアニ!!』エントリーフォーム

DJ公募コンテスト『出れんのか?!リアニ!!』WEB人気投票フォーム

DJエントリー36名について、評価の一環として行ったWEB人気投票への投票総数は792票、審査員であるRe:animationレジデントDJ+オーガナイザー8名の評価点を集計し、以下のDJが選出されました!

最優秀賞・優秀賞

c1

WEB人気投票(30点)と審査員審査(70点)の総合点で決定する「出れんのか?!リアニ!!」の最優秀賞に輝いたのは、両項目で高いポイントを獲得したエントリーNo.27のふくゐちゃんさんでした!!

そして2位と3位となる優秀賞には、それぞれ、審査員点でTOPを獲得したエントリーNo.16のニコルさん、WEB投票でポイントを伸ばしたエントリーNo.3のヒデヲさんとなりました!

最優秀賞のふくゐちゃんさんは1月22日に代官山Space Odd開催する『Re:animation Ex-tream』にメインフロアにオープニングアクトとして、優秀賞のニコルさんとヒデヲさんは同イベントのラウンジフロアに出演が決定しました。また、この3名に投票いただいた方は、投票が完了したPeatixのチケットを受付でご提示いただければ特別ディスカウントゲスト(1500円/1Drink代別)としてご招待いたします。

入賞、おめでとうございます!!

なお、3位以下の10位までのDJは以下の通りとなります。

c2

04位:ヒコク 総合74.7/投票7.8/審査66.9
05位:POLYGONBEAM 総合72.2/投票3.4/審査68.9
06位:EDAZiiiMA 総合66.7/投票3.1/審査63.5
07位:じゃくと 総合66.1/投票30.0/審査36.1
08位:みおたん 総合62.5/投票13.4/審査49.0
09位:ウヒョー 総合60.6/投票0.4/審査60.2
10位:VDJ gekko 総合59.3/投票8.1/審査51.3

審査員特別賞

今回のDJ公募コンテストは入賞争いが非常に熾烈で、2位~5位までが3.6ポイント以内に収まる接戦となりました。審査員点でも上位はかなり接近していた結果を鑑みて、中でもRe:animationのレジデントDJ陣に非常に強い印象を残したDJとして「審査員特別賞」を急所設定し、審査員点で2位と3位を獲得した以下の2名を選出することにしました。

c4

審査員点で2位を獲得したエントリーNo.25のPOLYGONBEAMさんは技術に裏打ちされた非常にユニークなDJミックスで、審査に当たった8名中4名が最も高い点数をつけました。同3位に付けたエントリーNo.20ヒコクさんは全体的にRemix・All Mix系DJが高い評価を付けた本コンテストに於いて、アニソン原曲中心ながら美しいDJミックスを披露し、やはり審査員8人中3名から最も高い評価を獲得しました。

審査員特別賞となった両名にも優秀賞2名と同様に、1月22日に代官山Space Odd開催する『Re:animation Ex-tream』のラウンジフロアに出演となります。また、2人に投票された方も投票が完了したPeatixのチケットを受付でご提示いただければ特別ディスカウントゲスト(1500円/1Drink代別)としてご招待いたします。

なお、各審査員がTOPの評価点を付けたDJは以下の通りです。

c3

総評

「出れんのか?!リアニ!!」は、Twitter等でも折に触れて発信していたように、単に『Re:animation Ex-treame』の出演枠を埋めることを目的とするのではなく、今後Re:animationが目指すシーンを一緒に作っていける仲間を見つけたいという想いで開催したコンテストでした。だからこそ、年齢制限に始まり、DJミックスを不自由なものにしかねないテーマ設定や、実力以外にも立ち回りが必要になるWEB人気投票と審査員審査の総合点方式を採るなどいくつかのハードルを設けて実施しました。

結果的に申し上げて「ハードルを設けておいて良かった」というのが、審査に当たったレジデントDJ陣の感想でした。

集まったDJミックスはいずれも非常にレベルが高く、ポイント制でなく「Re:animationメンバーの中で話し合って決める」ようなやり方では、とても選びきれなかったと思います。その”選びきれなさ”が審査員特別賞を急きょ新設するという結果にも繋がっています。とにかく、DJミックスをこれだけ聞いても飽きることなく、とても楽しく評価することができました(そしてその後で死ぬほど悩みましたw)。

イベントの立ち上げから、メンバーの卒業や入れ替わりも経験しながらも6年が経ったRe:animationはメンバーも上は45歳から下は25歳までと幅広くはあるものの、やはり結果として近い価値観のDJが集まっています。それは今回のテーマ解釈にも現れており、集まったDJミックスの様々なテーマ解釈はどれも意外性があって、新鮮で、とても刺激になりました。また、ネット上(や、おそらくリアルでも)でのWEB投票へのアピールも工夫されたユニークなものが多く、ある意味では、選ぶ側の私たちが勉強させて貰うことができました。

何より、多くのハードルが課された中でこれだけ多くの若いDJが時間を割いてチャレンジしてくれたことを心から嬉しく思い、またその勇気を称えたい気持ちです。たくさんのご応募、そしてエントリーしたDJへの応援投票をいただき、ありがとうございました。

代官山Space Oddで会いましょう!

1b

選ばれた5名が出演する『Re:animation Ex-tream』は、再来週1月22日(日)15:00から、代官山のSpace Odd(a.k.a SankeysTYO )で開催となります。スペシャルゲストにTeddyLoid、ゲストアクトには遠藤ゆりかとKazuma Kawaharaが決定しており、今週中に追加ゲスト&企画を発表します。

クラブスタイルでアニソンの楽しみ方を再発見するDJイベント『Re:animation Ex-tream』

入賞者5名以外のDJも特別ディスカウントゲスト(1500円/1Drink代別)として、またWEB人気投票に参加していただいた方全員をディスカウントゲスト(2000円/1Drink代別)としてご招待いたします。

本コンテストが単発の企画として終わるのではなく、参加してくれたDJや投票してくれたファン同氏の交流になれば嬉しく思います。Re:animationのレジデントDJもオーガナイザーも、入賞にはならなかったけれど一度話をしてみたいDJさんがたくさんいます。選ばれた人も、選ばれなかった人も、ぜひ一緒に集まって乾杯して、たくさん話をしましょう。次の新しいアニクラが1月22日のフロアから生まれていく結果になることを信じています。

代官山で会いましょう!