Hiroshi Watanabe”Dignity of Life”Remix Contest by Re:animation 結果発表

3月3日~3月27日にかけて募集した「Hiroshi Watanabe”Dignity of Life”Remix Contest by Re:animation」の審査結果を、4月15日に代官山Space Oddで開催したイベント『Re:animation Ex-tream 02』で発表いたしました。

本企画は、『Re:animation 9-Rave In 新宿歌舞伎町-』のアンセムソング「Dignity of Life / Hiroshi Watanabe」のDL販売開始と、クラブスタイルでアニソンの楽しみ方を再発見するDJパーティ『Re:animation Ex-tream 02(2017.04.15予定)』開催を記念して、Hiroshi Watanabeのオリジナルソング「Dignity of Life」を題材としたRemixコンテストです。

詳細 http://remixcontest.peatix.com

BIGINNER部門優秀賞:Dignity of Life (kanata Remix) by atos

Hiroshi Watanabe 選評

リミックスとしてステムの扱い方にアイディアがあり、リズムを刻む事で前半後半で変化を持ちつつ
しっかりと最後はオリジナルの要素を見せながら、とても軽快でタイトなビートが何よりもシンプルで面白く思いました!リミキサーの要素とオリジナルの要素をかなりバランスよく刻むなかなかの作品です!

本コンテストでは新しい発想のRemixが生まれることを期待してBEGINNER部門を設けました。また、初心者向けガイダンスとして日本最大級のDTMメディアサイト「sleepfreaks」の協力によりREMIX講座特設ページを開設。同サイトのニュースレター登録をBIGINNER部門参加の条件としました。

BIGINNER部門優秀賞に選ばれたatosさんには、Native Instruments社より、45製品、13,000以上のサウンド、155 GBにも及ぶインストゥルメントとエフェクトを収録し、あらゆる制作スタイルやジャンルに対応、世界をリードする、制作、パフォーマンス、サウンドデザインのコレクション「KOMPLETE 11」が贈呈されます。

総合部門最優秀賞:Dignity Of Life (Blue Twinkle Remix) by Rei Sawakura

Hiroshi Watanabe 選評

(総合部門エントリーの中でとても最後まで選考に悩みましたが選ばせて頂きました!)

確実な経験を踏まえた安心と安定感のあるサウンドで聴いていてリミックスというポイントをとても綺麗にパワフルに、ステムにあるオリジナル楽曲要素を更に拡張してくれた素敵な作品でした。ブレイクのアレンジ、後半の盛り上がりで見せるメインリフへの肉付けなどがこの作品はやはり綺麗でバランスが素晴らしかったです。

と、いう絶賛のお言葉をいただき、最優秀賞はRei Sawakuraさんに決定しました!

Rei Sawakuraさんには、Native Instruments社より、指先のフィーリングを追求した革新的なグルーヴプロダクションシステム。定評あるサウンドライブラリーでクリエイティブなビートメイキングを可能にする、音楽制作システム「MASCHINE Mk-2」を贈呈いたします。

総評

以上がHiroshi Watanabe”Dignity of Life”Remix Contest by Re:animationの結果発表となります。受賞されたご両名、おめでとうございます!今後もぜひ素敵なRemixやオリジナル楽曲を生み出してください!

なお、本コンテストに使用した”Dignity of Life”のOriginal MixとB.ToriyamaによるRemixバージョンはbandcampにて引き続き販売いたします。

最後に、Hiroshi Watanabeさんからいただいた総評にて本コンテストを締めさせていただきます。

参加して頂いたみなさん、ありがとうございました!選ばれなかった他の作品も素敵なものが多くあり選考会ではかなり悩みました!
リミックスの大事なことはやはりオリジナルとの対比、新たな答え、ドラマを打ち出せるか否かだと思ってます。

原曲にある材料を用いて如何にして新しい味わい方を見出すか?多分かなり料理と近いところがあります。素材をどれだけ生かし、アレンジするかのセンス、バランスが編み出すリミックスの世界、僕も本当にいつも作業をしてて楽しいです!改めて参加してくれてありがとうございました!