【イベントオーガナイザーの皆さまへ】1万人のアニメファンが集まる会場でイベントをPR!!イベントロゴの入った横断幕(バナー)はもうお持ちですか?

■DJイベントの看板にもなるロゴバナー、もうお持ちですか?

こんにちは、リアニメーションのオーガナイザーちへ、こと杉本です。いつも「リアニメーション」を応援していただきありがとうございます。

さて、「リアニメーション」にお越しいただいている方の中には、ご自身もDJをされていたり、イベントをオーガナイズされているという方も多いことかと思います。そして、主催イベント・所属イベントには高確率で「タイトルロゴ」があると思います。

そのロゴを使った横断幕(ロゴバナー)って作っておられますか?(TOP画像のようなもの)

有名なDJイベントや歴史あるパーティになると、DJブースの前やフロアの壁に大きな横断幕がかかっていてかっこいいですよね!ただ、無いよりあったほうが絶対にいいと思いつつ、手間もお金もかかるので後回しになりがちです。

そんなイベントのロゴバナーを、今、この機会に作ってみませんか?

実は、先週から開始した「リアニメーション12」のクラウドファンディングに【任意のデザインの横断幕を作って会場に掲出する】というコースがあります。そう、製作と宣伝がワンセットです!

 

アニソン系野外音楽フェスティバル「リアニメーション12」開催プロジェクト
https://reanimation.jp/crowdfunding/projects/reanimation12

 [P3]  支援者横断幕掲出権
会場内に任意のデザインの横断幕(幅180cm×高60cm)をご掲出いただけます。
※横断幕はイベント終了後にお持ち帰りいただけます。(希望の方のみ)
※掲出位置はご指定いただけません。
※デザインの入稿はクラウドファンディング終了後にメールでご連絡いたします。他者(社)の権利・名誉を侵害する恐れのあるもの、公序良俗に反するもの、スタッフが不適切と判断したものはご指定いただけません。

 

 

 

■何はなくともDJブース前!ロゴバナーが強烈な個性に!

「ロゴバナーがあるとどんな良いことがあるのか?」

それはやはりイベントの印象付けやアピール度が圧倒的に上がるとことです。特に、50~100人くらいのクラブイベントでは代替開催されるお店は決まってきます。また、異なるお店でも内装や雰囲気が似ていることもしばしば。

だから、ものすごく盛り上がって、参加者が写真やムービーをたくさん録画・撮影してUPしてくれても、ハッシュタグが付いていなければどのイベントか即座に分からないということもしばしば。

そういう時に、DJブース前にロゴバナーが掛けられていると、必ず写真やムービーに映りこむので、それがどのイベントか即座に分かります。

壁掛けでも良いのですが、個人的には「DJブース前」が最もおすすめです。イベント中ずっと目にすることになりますので、参加者への印象づけも抜群でしょう。

 

「リアニメーションで作るロゴバナーの正しい使い方」

先ほども申し上げたとおり「リアニメーション」のクラウドファンディングリターンは、まず最初にイベント会場に掲出して、お帰りに(会場に来られない場合はご郵送で)持ち帰りいただけます。

イベント会場には首都圏を中心に全国からアニソン系DJイベントの常連さんたちが集まりますし、こういったイベントに初めて足を運ぶという人もたくさんいらっしゃいます(昨年は2日間で延べ9500人!)。その人たちに、イベントをPRすることができます。

 

正しい使い方その1

イベント中はハッシュタグ「#reani_dj」がめちゃくちゃバズります。更にエゴサワード「リアニ」を検索する人もめちゃくちゃたくさんいます。

会場でロゴバナーの写真を撮って(せっかくの記念なのでオーガナイザーさんやDJさんたちもご一緒に!)イベント情報を載せてSNSに投稿したら、かなり多くの人が目にしてくれます!そして何よりそれを見たリアニメーションのスタッフや関係者も興味を持って足を運びます(ボランティアスタッフだけで100人近くいます)。「リアニメーション」の公式アカウントもRTします。

 

正しい使い方その2

イベント開催時にはバッチリとDJブース前に掲げて使ってください。

「リアニで出したバナーだ!」

みたいな感じでよく写真を撮って拡散されます。万が一、自然と拡散しなくても、ご自分で「リアニに出したバナーです!」とハッシュタグ「#reani_dj」を付けて投稿してください。「リアニメーション」の公式アカウントが全力で情報拡散にご協力します。

 

 

■データづくりはとても簡単&デザイン代行いたします。

そんな「リアニメーション」のクラウドファンディング支援ロゴバナーはこれまでも50組以上の方々にご利用いただいています。

デザインのデータはAdobe社のイラストレーターやフォトショップがお使いになれる方は以下の3つのいずれかのファイル形式でお送りいただければチェック→入稿まで「リアニメーション」が行います。

・aiファイル
・epsファイル
・psdファイル

画像が小さいと印刷したときにドットが荒く見えてしまいますので、極力実寸サイズ(横1800mm×縦600mm)で作成しておくことをオススメします。

データ入稿される方へのご注意
カラーモード
・CMYKとしてください
・黒色を使われる場合、濃度の関係上 CMY:0%、K:100%を推奨しております。
塗り足し
・周囲30mmずつ(最低10mmは必要です)
 ※データ不備が無い場合は塗り足しが足りなくても印刷に進めます。
 ※その際、周囲に白い塗漏れが発生する場合がありますのでご了承ください。

 

また、イラストレーターやフォトショップが使えない場合には、ワード・エクセル・パワーポイント、その他のイラストソフトで作成したデザインや、手書きデザインをスキャンしたデータをお送りいただけば「リアニメーション」が入稿形式に作成しなおしますのでご安心ください。

 

お手軽かつ、PR効果抜群!その分、直接印刷業者に発注するより少し値段は高めになっていますが、満足度はお約束します!

 

ぜひ、この機会にイベントを象徴するロゴバナーを作って、「リアニメーション12」に掲出しませんか?!

気になる方はクラウドファンディングのページにて詳細をご確認ください↓