USBで繋ぐだけのポータブルスピーカー『OVO』のプロトタイプをアニクラで自慢してみた。

去る4月30日をもって7月14日・15日に開催する「Re:animation 12 in Uenohara」出演権を掛けたDJ公募コンテストの二次選考である審査とクラウドファンディング支援者投票が終了しました。これから集計を行いますので、結果はまだ私にもわかりませんがまずはご応募いただいた皆さまの健闘に対して敬意を表し、またご応募いただいたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

さて、そんなDJ公募の際にも『GODJ Plus』というDJ機材を使って録音したMixを送ってくれた方がいらっしゃいました。

皆さん、覚えていらっしゃいますか?

昨年11月22日に新木場ageHaで開催した「Re:animation 11 in ageHa(リアニ11)」のISLANDで展示させていただいたオールインワン型のDJコントローラーです。

 

「あなたも今日からアニソンDJになれる!リアニでGODJ Plusを体験してみよう!」『Re:animation11 in ageHa』ISLANDにGODJ Plus体験ブース出展が決定 
 

この『GODJ Plus』を発売しているJDSound株式会社さまの最新ガジェット『OVO(オヴォ)』のプロトタイプをお借りすることができたので早速試してみました。

 

USBにつなぐだけ!映画館の感動を完全再現するポータブルスピーカー誕生Made in TOHOKU『OVO』

クラウドファンディングでイベントを開催している私たちとしては、同じくクラウドファンディングを用いた商品開発を行っている『OVO』の6800万円という募集金額にまず目ん玉飛び出します!実は『GODJ Plus』もクラウドファンディングで開発されて5300万円もの支援があったガジェットなのですが、その注目度と期待度が嫌でも伝わる金額です…(私たちももっと頑張らねば!)

 

■USBバスパワーのスピーカーからどんな音が出るのかとても気になってました!

さて、『OVO』プロトタイプの感想を述べる前に、まずはお詫び申し上げなければいけません。クラウドファンディングにもDJにも関るものとしてもちろん『GODJ Plus』のことは存じておりました…が、初めて実機に触れたのは先述の「リアニ11」が初めてでした。それまではバッテリー駆動でオーディオインターフェースも内蔵というスペックに"便利だけれどそれなり"だろうと正直舐めていましたから、実機の手触りや内臓スピーカーから繰り出される音圧・音質に圧倒されてしまいました。

はい。そんなんでは「もちろん知っていた」なんて言えませんよね。ごめんなさい。

なぜ今更そんな話をするかというと『OVO』は『GODJ Plus』の内臓スピーカーをベースに開発されたものだからです。ということは、否が応でも期待してしまいます。それだけに、こうしてプロトタイプに触らせていただけると聞いて正直飛び跳ねて喜びました(笑)

 

『OVO』はYoutubeで動画を見るようなシチュエーションでもお手軽に良い音を体験してもらいたいという想いがあるとのこと。そこで、事務所でおもむろにノートPCに接続して、Youtubeの動画(リアニVJチームが製作させていただいたTVアニメ「邪神ちゃんドロップキック」主題歌の『あの娘にドロップキック』MV)を再生してみたらいきなり爆音が鳴り響き、周りでミーティングしていた人たちから白い眼が…慌てて音量を絞る私…。(特別な設定はなくWindowsならば接続すればOSが認識して音が鳴ります。Mac OSでも接続してデバイスを指定してあげるだけ)

USB接続(電源ケーブルなし)による"PCやタブレット・スマホからの給電だけ"というスペックからは想像もできない音圧…そして、音を絞っても芯の衰えない音質に感動!!…でも、いかんせん音なので文字では伝わらない!!

…どうしようか考えあぐねた挙句、JDSoundさんの許可を得てクラブイベントに持っていって来場者に自慢してみることにしました。

 

■DJのモニタースピーカーとしてさえ使えるのでは?!と思う程の音圧&クリアな音

持ち込んだ先は『GODJ Plus』使いのアニソンDJ神北理樹さんも出演するこちらのイベントのラウンジエリア。

【アニソンDJ×Special STAGE!】『Re:animation EX06』4月29日(日)■新大久保unique LABORATORY■14時OPEN!■#reani_dj 

そこで実際に『OVO』に触って、驚いていただいた声を集めてみました。そして、(ちょっとだけ)先に触って驚き済の身として皆さんが驚く様をニヤニヤと拝見させていただきました。


「サイズの割に音量が凄くて驚きました。ホームシアターなどの用途で買ってみたいと思います。」40代男性

「現在オーディオを持たずパソコンの出力だけでDJしてるので、これだけの音量とコンパクトさは素直に欲しいと思いました。」20代男性

「音質も良く、音量も十分なのでいろんなシーンで活躍できそうだなと思いました。防水や防塵、ワイヤレスなどの仕様もあれば嬉しい。」20代女性

「躍動感がすごい!欲しい!(…けど鳴らす場所が…)」20代男性

「コンパクトでスタイリッシュ!自宅用のスピーカー探しているので候補に入れときます。音質も良いですね!」20代男性


 

今回はあくまでラウンジエリアでしたが、リハーサル中に試しにメインフロアで鳴らしてみたら流石にPAスピーカーほどではないものの、バスパワーのポータブルスピーカーとは思えない迫力のサウンドを聞かせてくれました。小箱ならばモニタースピーカー程度の役割ならば余裕で果たしてくれるはずです。(野外現場で突発のトラブルが多い私たちは、実機を購入して機材バッグの片隅に常備しておこうと静かに心に誓いました)

実際、PCDJで自宅で練習されるような方には持ってこいのスピーカーだと思います。

 

詳細は↓から

USBにつなぐだけ!映画館の感動を完全再現するポータブルスピーカー誕生Made in TOHOKU『OVO』

と、今回は『OVO』やばいって!というご紹介ブログでした。クラウドファンディング実施期間の5月15日までは、1台1万1800円で手に入ります。率直な感想として2クラス上の音が楽しめるので、いま買わない手はないと思います。